前回の記事の続きです。

NHK語学のラジオ講座をさくらのVPSで自動ダウンロード
http://programming.ironsand.net/2012/auto-download-nhk-language-mp3-by-vps/

今回はさくらVPSにダウンロードしたmp3をSugarsyncにアップロードするについて解説します。

さくらのVPS上にSugarSyncやDropboxを常駐させるのはできるのかどうかわかりませんでしたし、できてもメモリを食いそうなので今回はSugarSyncが提供するAPIを使用します。

自動的にSugarSyncにファイルをアップロードさせるための手順は以下の流れになります。

1. APIを使うためにSugarSyncのDeveloperに登録
2. upload_nhkradio.rb の設定
3. cronの設定

1. APIを使うためにSugarSyncのDeveloperに登録

まずSugarSyncのAPIを使うためにDeveloperとして登録を行います。
http://www.sugarsync.com/developer/signup

もしSugarsyncのアカウント自体を持ってない方がいたら、まずこちらからSugarSync自体のアカウントを作ってください。

Developer登録をすると Access Key IDPrivate Access Key が手に入りますのでメモっていてください。あとで必要になります。

次に[Create App]から新しいアプリの登録を行いアプリケーションキーを取得してください。

新しいアプリの作成には以下の5つの情報を入力する必要があります。

Name:[アプリ名]”NHK Radio Uploader”とか適当に
Publisher:[製作者] #名前をいれておきましょう。
Description:[詳細] “Upload NHK radio mp3” とでも。
Support URL:[作者サイト] 自分はTwitterのアカウントいれてます。
Support Email:[連絡先] 普通に自分のメールアドレスを。

以上でAppが作れたら App ID が入手できますのでコレもメモっておいてください。

2. upload_nhkradio.rb の設定

必要な情報が揃いましたので upload_nhkradio.rb の設定を行います。

まずupload_nhkradio.zipをダウンロードして解凍し、sugarsync.rb, upload_nhkradio.rb, upload_nhkradio_ini.rbの3つのファイルを取り出してください。

そしてupload_nhkradio_ini.rbを開いて先ほど入手した情報とアップロードするフォルダ名を設定します。

設定がおわったら3つのファイルを前回の記事で作成したCaptureStream.rbが置いてあるnhklangディレクトリにWinSCPなどでアップロードします。

これでアップロードする準備は整いました。

$ruby upload_nhkrandio.rb

とするだけでアップロードが開始されるはずです。(時間が掛かるので注意)

3. cronの設定

ここまで来れば後は前回設定したcronに少し設定を加えるだけです。

してcronの設定を開き

でcronの設定ファイルを開いて

の1行を加えて全ての設定は終了です。

これで来週から月曜日の12時頃にはパソコンのローカルフォルダに自動的に語学講座のmp3がダウンロードされてるはずです。

リトル・チャロ ~ニューヨーク編~ Vol.1 ロスト・イン・ニューヨーク [DVD]
リトル・チャロ ~ニューヨーク編~ Vol.1 ロスト・イン・ニューヨーク [DVD]
NHKエンタープライズ 2008-09-26
売り上げランキング : 14644

Amazonで詳しく見る by G-Tools


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation