初めてのラズベリーパイ 【購入からSSH接続まで】 で SSH を使ってラズベリーパイに接続ができたのですが、DHCPでローカルのIPアドレスを振り分けてる時は振り当てられてるIPアドレスを調べるためだけにラズパイにキーボードとディスプレイをさして作業する必要がでてくるので非常にめんどくさいことになります。

Avahi

そこでAvahiというソフトを使えば hosts ファイルがなくてもローカルネットワーク内の他のPCからIPアドレスではなく名前で参照できるようになります。。Macの共有機能などで使われている Bonjour と同等のものなんだとか。

インストール

/etc/hostname に保存されてる名前で接続できるようになるので初期設定のraspberrypiという名前を別のものに変更しておきましょう。

Avihaのインストールはいつもどおりapt-getでインストールできます。

スタートアップに登録

このままでは起動時に自動的にAvahiが立ち上がってくれませんので

でスタートアップにも登録しておきましょう。

※ 追記

次回使おうとしたら動かなくなってしまってました。 /etc/hostsを編集しないといけなかったようです。

となっていますのでraspberrypiの部分を変更した名前に変えておきます。

使い方

インストールが終わったらクライアントからssh pi@raspberry.localのような形で pi@自分で決めた名前.localで接続できるようになります。

それではみなさん楽しい Raspberry Pie 生活をお過ごしください。 ノシ

参考

RaspberryPi – Raspberry Pi を無線 LAN 経由で SSH 接続できるようにする – Qiita


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation