RailsでPostgresqlを使うときに毎回そのためのユーザーの作成方法を忘れてしまうのでメモ。

まずユーザーを作成

WindowsでChocolateyを使ってpostgresqlをインストールしてると初期パスワードはPostgres1234になってるので、

これでパスワード無しのdeployerユーザーが必要な権限付きで作成される。

※ Linux系のOSならsudo -u postgres psqlpsqlコマンドを使いましょう。

パスワード無しユーザーでもOKにする

これだけだとfe_sendauth: no password suppliedというエラーが出てしまうので

C:\PostgreSQL\data\pg_hba.confを開いて

に書き換える。

んで管理者権限でコンソールを開いて

net stop postgresql
net start postgresql

Postgresqlのサービスを再起動させる。
残念ながらrestartは存在しない。なんでや。

Rails側の設定

あとはいつもどおりconfig/database.ymlをこんなかんじに設定します。

んで $ rake db:create, $ rake db:migrateでデータベースが作成されるのを確認したらOK!